おかしいなと感じたら

さまざまな症状

医者

どのような病気か

身体表現性障害とは、身体上、特に異常が見られないにも関わらず、痛みや吐き気、しびれなど何らかの症状が長期に渡って存在する病気のことです。この病気は主に神経的な不安が起因ではないかと言われています。異常が感じられるにも関わらず、病院を受診しても患者の身体上の問題は見受けられないため、病院を転々とし、精神疾患として神経内科を受診するまでにかなりの時間を有する場合も人によってはあります。

症状を知る

身体表現性障害は、大きく5つの症状に分けて説明されています。1つ目は疼痛性障害という激しい痛みをともなう症状です。これは痛みの原因となる身体的な異常がないにも関わらず、日常生活に支障をきたすほどの痛みによって鎮痛剤や精神安定剤に依存してしまう場合もあります。2つ目は転換性障害と呼ばれる症状です。この症状では、足や腕を動かしたり、喋ったりする随意運動と、見聞きする感覚や、皮膚感覚、痛覚などの感覚機能が欠如したりします。主に、ストレスに起因することが多いです。3つ目は身体化障害です。医師による診察を受けたり、専門機関による検査を受けても、結果として身体上の異常はなく、痛みや自覚的な身体症状が長年に渡って続く症状のこと。身体の苦痛となる原因が見つからないため、内科等の診察では直接的な苦痛の原因が分からないことが多いです。4つ目は心気症、または心気障害とも言う。実際の身体上ではなんら問題なくても、自分にはなんらかの問題があると執拗に思い込み、自分の身体には疾患があるという恐怖感や考えにとらわれてしまう症状です。5つ目は身体醜形障害と言います。この症状は、最近ではよく、メディアでも取り上げられるようになり、身体表現性障害の中ではもっとも認知度が高いと言えるでしょう。これは自身の身体的外見が「重度の欠陥のあるもの」と捉えており、なかなかその考えから脱出することができない病気です。大体この症状にかかる患者は過度の整形手術や、過剰な化粧などを施し、自分の容姿に自信がない人が多いです。この5つの指標はアメリカの精神医学会で定められた診断基準です。一般的な身体疾患を思わせる身体症状ですが、患者の身体上の疾患はなく、物質的な作用や、他の精神疾患などでは説明することが難しい症状を指して身体表現性障害としているようです。

原因と診断

この症状の特徴は繰り返しさまざまな症状が現れるということです。先述した症状を詳しく説明すると、主に頭痛、腹痛、関節痛などの痛み、そして吐き気や嘔吐、腹部の膨満感などの胃腸症状、脱力感や感覚麻痺、声が出にくい、ふらつきやすいなどの神経的症状があります。これらの症状をともなう身体表現性障害は、悲観的で繊細なストレスに敏感な人がなりやすい傾向があるようです。心理的な要因以外にも、周囲の環境による外部圧力が働き、心身の過労につながっている場合もあります。また、これらの原因は、本人もストレスとして認識しにくく、自覚のない場合が多いため、身体症状となって表れてもなかなか判断が付きづらく、原因として究明されにくいという難点があります。そして、これらの症状は過度のストレスに無自覚であることから表れるもののため、間違った判断をもったまま、病院で受診せずに市販の薬でのみ対処を続けていると、根本的な解決にはならないため、より症状が悪化していってしまう恐れがあり、大変危険です。慢性的に治らない原因不明の痛みなどがありましたら、一度、身体表現性障害を疑ってみてください。もし上記の症状に当てはまるものがあれば、専門医への受診をお勧めいたします。

ココロケアWEB

ピックアップ

5つの症状

病院

身体表現性障害の5つの症状には、各々似ている点もあれば違う点もあり症状は様々です。それぞれ特徴的なので、どれかに当てはまっているのであれば早期治療が求められます。

早めの診断

女性

ご自身が身体表現性障害に罹っているという疑いを持っている場合は、早めに診断することが第一ですが、診断はどのように行われるのか、また身体表現性障害とよく似た症状はどんな特徴があるのかなどを知っておくことが大切です。

治療は可能

菜の花

身体表現性障害は、心理的なストレスが体に傷みなどを引き起こしています。身体的には全く健康体なので、治療においても、まずはその症状を引き起こしている不安やストレスを取り除くところからスタートになります。